平成30年度補正( 2019 年度実施)IT導入補助金について

平成30年度補正( 2019 年度実施)IT導入補助金について

今年度(2019 年実施)の IT導入支援事業 (  IT導入補助金  ) の"平成30年度補正 サービス等生産性向上 IT導入支援事業 補助金 " の概要が公開されましたので、こちらでご案内いたします。

今年度( 2019 年実施)のIT導入補助金の位置づけ
平成30年度補正予算 " 中小企業生産性革命推進事業 " という名称のもと、中小企業・小規模事業者のIT化を、" IT導入補助金 "、" ものづくり補助金 "、" 小規模事業者持続化補助金 " の3つに大きく分かれております。
IT導入補助金 は、多機能・多様なITツールに対応できるように、「2018年度は最大50万円」だったものが「2019年度は最大450万円」まで増額し、より業務プロセスやバックオフィス業務を中心としたIT化を促進する目的に変更されております。
3つの補助金の具体的な内容

補助金額が高いものから順番にご紹介いたします。

1. ものづくり補助金

活用できる内容:革新的サービス開発・試作品開発・生産性プロセスの改善を行うために、開発を伴うITツールの導入等

補助額:100万~1,000万円

補助率:最大2/3

補助対象経費:新製品開発のための製造機器購入やシステム構築費

つまり、事業をスケールアップするため、新規事業の投資に対する補助金になります。

 

詳細はこちら:全国中小企業団体中央会

 

2. IT導入補助金

活用できる内容:日々のルーティン業務を効率化させるITツールや情報を一元管理するクラウドシステム等、汎用的なITツールの導入等

補助額:40万~450万円

補助率:1/2

補助対象経費:業務フロー自動化・IT化として、RPA・受発注などのバックオフィスツールをより一体的に活用

つまり、簡易的な電子ツール(ホームページ、会計システム、決済システム)をすでに導入されている方を対象に、より効率的なIT化を図るための補助金になります。

 

詳細はこちら:IT導入補助金2019

 

3. 小規模事業者持続化補助金

活用できる内容:販路開拓・新規顧客の獲得のためのホームページやポスレジ等簡易的なITツールの導入等

補助額:~50万円 ※共同申請可(補助上限額×事業者数)

補助率:2/3

補助対象経費:ホームページ作成、決済・会計ツール、外国人対応ツール(翻訳ツール)など

補助対象者:小規模事業者(従業員20人以下、商業(卸売業・小売業)・サービス業は5人以下)

つまり、まだIT化が進んでおらず、これから簡易的なITツールを導入していきたいと思っている方のための補助金になります。こちらを活用されてホームページを作成することは可能です。

詳細はこちら:商工会議所商工会にお問合せください。

今年度( 2019 年実施)のIT導入補助金についてのまとめ

昨年度はIT導入補助金を活用してホームページの制作をすることは可能でしたが、今年度( 2019年実施)は補助対象から外れました。

ホームページ制作が補助対象となっているのは、IT導入補助金ではなく、" 小規模事業者持続化補助金 " となります。
補助金を活用してのホームページ制作をお考えのお客様は、" 小規模事業者持続化補助金 " のご活用をご検討ください。

ご不明な点がございましたら、弊社でアドバイスを行っております。

お気軽にお問合せください。

お問合せ