Googleは検索機能に自然言語処理技術「BERT」を日本語にも適用させたと発表!

Googleは検索機能に自然言語処理技術「BERT」を日本語にも適用させたと発表!

この発表を簡単にご説明すると、検索機能が大幅にアップする技術を導入したということです。「人間の話す言語の “長い文脈” を理解する自動言語処理技術 “BERT” を英語に続いて、日本語にも導入しました。発表されたのは12月10日になります。

 

英語検索向けに初めてBERTが発表されたのが10月25日になります。モバイル検索の普及により「検索クエリの多様化」に対応するべく導入されたBERTですが、日本語を含む70以上の言語にも適用されたので、今でも非常に便利な検索機能ではありますが、精度が上がり、私たちの生活はより便利になるでしょう。

文章の文脈を理解した上で、検索結果が表示されるということは、ユーザーが求めているピンポイントの知りたい内容と関連性の高い検索結果(求めているピンポイントの回答)が得られます。今後、定期的にアップデートをして行くと思うので、楽しみですね。

また、すでに検索結果に影響が出てきているようです。ユーザーが求めている知りたい内容を、誰もがわかりやすく感じる文章や図、画像を入れていきたいと思います。

 

詳細は下記のページ等をご覧ください。

日経 xTECH/日経コンピュータ

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/01129/120400002/

WIRED

https://wired.jp/2019/11/14/google-search-advancing-grade-reading/

 

ご相談・お問合せはメールフォームか、お電話にてお受けいたしております。

お問合せ