“ホームページは何ページ必要?”

“ホームページは何ページ必要?”

“ホームページは何ページ必要でしょうか?” というご相談がありました。ページ数、内容が充実していた方が良さそうだけど、お金もかかるし、ページを作るためのテキストや写真も転用できそうなものがないと困っていますとのことでした。

結論としては、お客様のお仕事内容や環境が違うため、全ての方にベストな選択ではないかもしれませんが、

  • トップページ
  • 会社概要(店舗紹介)・地図( Google Map )
  • 事業内容(メニュー)
  • ニュース更新ページ
  • 実績紹介
  • お問合せフォーム
  • プライバシーポリシー

の 7 ページはほとんどの会社に必要になるページではないでしょうか。

SEO 対策として、ページのボリュームは一つの評価になります。ページのテキスト数も何文字以上が評価される傾向があると言われていたりしますが、最初は上記の7ページで問題ないと思います。それより、開設後の更新をこまめに行うことが重要になります。

 

  • トップページ

ホームページを訪れてくれたユーザーのほとんどはトップページから入ってくることが多いと思います。第一印象は人間と一緒で大事です。人間の第一印象より大事かもしれません。訪れてくれたユーザーにどのような印象を持って欲しいでしょうか?どんな業種でもかっこいいとか、かわいいと思われてマイナスになることはないと思います。また、デザインでインパクトがあったり、かっこいいと思われても、操作性が悪かったり、見づらかったりしては印象が悪くなります。

  • 会社概要(店舗紹介)・地図( Google Map )
  • 事業内容(メニュー)

上記の 2 項目は最低限の情報として必要になります。初めて会社を知ってくれたユーザーだったり、求人募集に応募しようと思っていただいた方のほとんどの人は会社概要ページを見ると言われています。また、地図があると会社や店舗のアクセスを説明手間も省けて便利です。

  • ニュース更新ページ

「なかなかニュースに出来るようなこと内容がない」とおっしゃるお客様は以外と多くいます。ホームページを開設する目的やお客様の対象( B to C なのか、B to B なのか)によりますが、SEO 対策として出来る限り更新をしていきましょう。CMS が導入されたホームページであれば、レクチャーを少し受けただけで更新は簡単にできます。

  • 実績紹介

それぞれの会社によって記載できない事情がある場合もございますが、実績を紹介した方が信用度が上がったり、同じようなものを探している方がいるかもしれません。また、上記の「ニュース更新ページ」を更新していくことは難しいかもしれませんが、「実績紹介」は更新しやすのではないでしょうか。

  • お問合せフォーム

連絡先として電話番号しかないよりは「お問合せフォーム」からの方が気軽にお問合せができます。お客様のご質問やご要望を解消するために設置した方が良いと思います。また、作成するときは気軽にお問合せをしていただけるように、入力項目を最低限にするとお問合せが増えます。

  • プライバシーポリシー

個人情報に対して敏感になってきている世の中なので、「お問合せフォーム」を設置した場合はプライバシーポリシーを記載しておきましょう。記載していることによって信用度も上がります。

 

ご不明な点がございましたら、些細なことでも親切丁寧にお答えします。

選ばれる理由
お問合せ