Reason why you need a homepage

ホームページが必要な理由を簡単解説

インターネットは全世界で利用され、日本では89.8%に、60歳未満を対象にした場合はほぼ100%の方が利用しています。(※1)日本のほとんどの人は何かを知りたいと思った時にインターネットで検索します。自社のホームページで商品・サービスの説明ページがあるとお客様へアピールでき、お問合せ先があると、その場でお問合せをいただくことも可能になります。

 無数に存在するホームページの中から、一つのホームページにたどり着くためには様々な仕掛けをする必要があります。 当社では効果的なホームページを作成するために必要な機能を標準機能としてご提供しております。また、ホームページを訪れた方ユーザーにストレスなく見ていただくための機能性を併せ持ったデザインをご提案いたします。また、ホームページ制作に必要な写真やテキストなども全て一括でお受けすることも可能です。当社で制作するホームページの80%以上は撮影を行っております。

※1:令和元年通信利用動向調査 / 総務省

事業規模・業種問わず、スピーディーな情報発信が当たり前の時代となってきました。TV、ラジオ、新聞、雑誌、チラシ、DM等の様々な広告メディアがありますが、自社内でスピーディーに情報発信できる唯一の無料メディアがホームページとSNS( Facebook , twitter , Instagram 等)です。SNSを利用している人は全ての年代で増加しており、利用率は69%となっています。また、利用目的として「知りたい情報を探すため」という理由の割合が上昇しています。(※1)

当社で制作するホームページは世界で一番使用されている” WordPress “(CMS)で制作しております。エクセルやワードを少しでも触ったことがある方であれば、簡単に更新作業(だから更新費0円)ができます。ホームページの更新はSEO対策として非常に重要になります。効果的な更新方法は細かくお伝えしますので、ご安心ください。(もちろん、簡単とは言っても忙しくて時間がないというお客様のために更新代行業務を格安にてご提供しております。)

※1:令和元年通信利用動向調査 / 総務省

企業、商品 • サービスのブランディングを行っていく上で イメージ戦略・デザインは重要な要素のひとつです。ホームページを通して世界観を表現していきましょう。ブランディングはハッキリとした数字で表すことが難しい部分でもあり、瞬時に効果が見えてくるものではありませんが、ブランディングを行うことは外部からの印象が変わるだけではなく、内部(社内)の意識も変わり、仕事に対するモチベーションも大きく変わってきます。「同じ商品・サービスなのに、価格に違いがあったり」「イメージがいいから同じような安い商品より、金額が高い商品を購入する」経験をしたことがあるのではないでしょうか?

→当社はホームページ制作だけに限らず、様々なブランド・商品のブランディングを20年以上行ってきてます。お客様が理想とするイメージをお伺いした上で、 ブランディングの方向性やロゴのデザイン、カラー等のビジュアルイメージや商品企画、販売戦略等のご提案もさせていただくことが可能です。また、ブランディングとは単にデザインのみを指すわけではありません。お困りなこと、お悩みなことがございましたら、ホームページのことに限らず、なんでもご相談ください。

※一部ではございますが、ホームページ制作以外のこと、実績等をご確認いただけます。

【運営会社:Unbel合同会社】https://unbel.jp/

企業、商品 • サービスを知りたい時にインターネットで検索することが当たり前の時代となりました。日本でインターネットを利用する方は89.8%に、60歳未満を対象にした場合はほぼ100%の方が利用しています。(※1)皆さんも何か気になったこと、知りたいことがあった時は、最初にGoogleなどの検索サイトで検索されたことがあると思います。ホームページを開設していないということがお客様や新規取引先に情報を開示していないことになり、信用されないことに繋がる恐れがあります。また、求人募集を見て応募されるほとんどの方がホームページを調べると言われています。それに伴い、近年ではホームページがあるだけではなく、ホームページのイメージがますます重要になってきました。

→当社ではホームページがないお客様のためにホームページ開設に必要な独自ドメイン取得、レンタルサーバー、運用保守管理を月額3,000円にてご提供しております。「独自ドメインの場合は別途料金」とか、「メールアドレス1件に付き別途料金」などの料金設定はしておりません。あとから費用を追加請求するようなことは一切ございません。料金体系を明確に、シンプルにしております。

※1:令和元年通信利用動向調査 / 総務省

お客様からの電話によるお問合せの対応が減ることにより、電話応対の時間が減らすことができます。また見えないところでは店頭スタッフや営業マンの商品 • サービスなどを説明する時間が減ると言われています 24時間365日働いてくれるホームページという営業マンはミスをすることなく、確実にお客様に対して商品・サービスの紹介、会社の地図、お問合せ窓口、予約受付などを行ってくれます。また、営業マンはカタログを持ち歩くことなく、パソコンの画面を見ながら、商品やサービスについてのご説明をすることができるので、カタログにかかる経費の削減にもなります。

→当社ではホームページに必要な要素を網羅できる機能をご用意しております。「①開設後の更新・メンテナンス」「②ホームページを上位表示する」「③ホームページに訪れたユーザーにストレスなく見ていただく」「④商品・サービスの付加価値をあげるブランディング」はこれからのホームページに必要な機能だと思っております。当社は低価格・高品質・長期的コスト削減を実現します!

How to use the homepage

ホームページの活用方法

多くのお客様は下記のような活用方法をされています。

広告・宣伝のために

基本的なことを丁寧に行えば、十分SEO対策となり、集客効果が上がります。また、営業先でカタログ代わりとしても活用できます。

会社の名刺代わりとして

新規取引の際によくホームページを確認すると言われています。会社に対する信頼感や評価向上のために活用されています。

情報発信メディアとして

ホームページやSNSはもっともスピーディーに情報発信を無料で行えるツールです。最新情報を発信してください。

求人募集の窓口として

外部の求人サイトを見て応募する方や面接に来られる方のほとんどがホームページとGoogleマイビジネスを検索しています。

営業範囲拡大のために

商品力には自信があるけど、マンパワーの限界を感じて、ホームページを一人の営業マンを採用するつもりでECサイトをオープンし利益率高いECサイトを展開中。

マーケティングとして

ホームページのアクセス解析をすることで、市場のニーズを把握することができ、効果的な戦略を組み立てることができます。