SEO対策として大量にページ数を作ることが良いことではない理由

SEO対策として大量にページ数を作ることが良いことではない理由

Google の社員が「内容が薄いページがたくさんあるなら、ページを統合して、ページの品質を高めるように作り変えたほうがいい」と言っています。

 

Google の John Mueller(ジョン・ミューラー)氏は内容の薄いページが大量にできあがっていることを不安に感じているサイト管理者に対して、以下のようにアドバイスしています。

内容が薄いページがたくさんあるなら 少数のページに統合して、ページ中身の量を増やして、品質を高くするように作り変えたほうがいい

大量ページをサイト内に作って分散させるよりも、少数ページにまとめて本当に強いページを作ることを推奨する。 自分が提供したいと思う情報を掲載して、高品質なランディングページを作ったほうがいい。 内容が薄いページをいくつも作るのではなく、数を絞り込んで品質がより高いページを作る方針を私なら選ぶ。

 

上記のように、ページの量が少ないことは必ずしも、ページの品質が低いことを意味しません。あまり内容の薄いページばかりがホームページの大部分を占めていたら、中身のないホームページだと、見られた方にも、 Google にも思われてしまいます。

むやみにページ数を増やすのではなく、ユーザーに本当に喜ばれる内容のページを1 つずつ制作していくことが検索エンジン( Google )の評価にも繋がり、SEO対策として有効になります。

 

ご相談・お問合せはメールフォームか、お電話にてお受けいたしております。

お問合せ